45 「自分で学ぶ子」の育て方

 もちろん 一方で なぜ 8+5が13

になるのかということを理解していなけれ

ば 文章題など 応用問題でつまずくとい

うことはありますが それはそれ これは

これです。しっかり理解するためにも 

早く正確に計算ができるということは 

長期にわたってメリットとなります。数学

科出身の悪い癖で 算数・数学の話ばかり

してしまいましたが 素質を高めることで

 これらの暗記が容易になり 暗記が容易

になれば より多くのことを覚えてしまう

ことで 時間を節約できるようになります

。特に 小さい頃から記憶の訓練をしてい

れば 子供の脳はそれに適した脳に育ちま

す。

 

 

 小さい頃から「覚える」ことを意識的に

                 行う

 

 

 では このような記憶の素質を高めるた

めに 親は何をすればいいのでしょうか。

できればおしゃべりを始める2歳頃から 

いろいろなものを覚えることです。身近な

ことでいれば 家族の誕生日。自分を含め

て5人家族であれば 家族の誕生日はまず

頭に入るはずです。新しく誕生日を覚える

際には それにかこつけて覚えます。

「従兄弟の〇〇君の誕生日は お姉ちゃん

の誕生日の1日前」などといった具合です。

 

 5人の誕生日の前後を意識すれば 

少なくとも15日は意味のある日になりま

す。それ以外にも 自然に覚えている祝祭

日の前後 すでに覚えた誕生日の前後など

としていくと 覚えることができる日にち

は思った以上に増えるものです。意味のな

い配列である数字に いかに意味を付予し

ていくかが暗記のポイントになります。

 

 誕生日といえば 林家ぺーさんは人の誕

生日をたくさん覚えていて 「何月何日」

というと 「誰と誰と誰」というように 

名前がぱっと出てきます。お会いした時に

 なぜそのように覚えられるのかを聞いた

ところ 「下積み時代の暗記のせいではな

いか」とおっしゃっていました。当時は

携帯などない時代ですから 師匠から

「おい ○○の電話番号は?」と聞かれた

らすぐに 「○○○の〇〇〇〇です」と答

えなければならなかったそうです。そんな

ふうに 師匠に即答できるようにいろいろ

暗記していたら 誕生日も頭に入るように

なったといいます。一生懸命に誕生日を覚

えたのではなく 気がついたら覚えられる

ようになっていたのですね。これは 記憶

力が鍛えられたからこその特技です。

 

 誕生日のような数字もいいのですが 私

がもう一つおすすめしているのが 俳句で

す。「5・7・5」のリズムは子供にとっ

ても覚えやすいため 意味はまだわからな

くてもいいので たくさん暗唱させてもら

えたえらと思います。

七田式の教室でも 俳句の暗記をするので

すが 100 200 300と覚えてい

くと アレンジして自分でつくれるように

もなります。パターンを覚えると 応用が

できるようになるのです。ですから 3歳

の子が「〜かな」のような 切れ字を使っ

た俳句をつくったりします。「おーいお茶

」に応募して 採用された子も何人かいる

くらいです。脳が成長している途中の2歳

・3歳の頃から このような暗記遊びを 

たくさんすると 脳の暗記の回路が発達し

ます。脳の回路というのは 使うものは強

固になりますが 使わないものは委縮して

いくようにできています。記憶の素質を高

めるためにも 暗記遊びで暗記の回路を

強固にしておくことは大切です。

 

 繰り返しになりますが 覚えるものは何

でもいいのです。子供が好きなものでかま

いません。モンスターの名前でもいいので

す。試験には出ないかもしれませんが 

それによって暗記の回路は強固になります

から 後の勉強に暗記という側面でプラス

になります。モンスターが好きなら 進化

形も覚えるように促したり 電車が好きな

ら 負担にはならないはずです。私も息子

と一緒にポケモンの名前をたくさん覚えま

したよ。ちゃんと進化形まで3段活用です

。ヒトカゲ・リザード・リザードン。親も

一緒に覚えてくれれば 子供の暗記にも熱

が入るはずです。

 

 

七田式子育てルールそのА,泙箸

 

  • 小さい頃から「覚える」ことを意識する
  • 覚えるものは 好きなことでよい
  • 誕生日 俳句は 興味が定まる前の小さい子にもオススメ
  • 「二乗の計算」「繰り上がりの足し算」などは 暗記をしてしまう
  • 暗記遊びは 脳の暗記の回路を太くする

 

 

 「自分で学ぶ子」の育て方

       七田 厚 著

       幻冬舎 出版