30 「自分で学ぶ子」の育て方

 子供が自分で気づく事が 成長につながる

 

 私たち親は 待つことが苦手です。

 子供がちょっと苦労しているのをみると 

すぐに手を出して 助けてしまいます。

教育に長年携わっている私も それは同じ

です。

 少し前までに高校生だった息子が 実家

の島根から東京に遊びに行くというので

路線を検索して「何時の新幹線に乗って

ここで乗り換えら良いよ」と プリントア

ウトした紙を渡そうとしたら「そこまでさ

れたら 全然面白くない!」と言われてし

まいました。確かに息子の言う通りです。

せっかくの冒険なのに 親の決めたルート

をだとるのでは 意味がありません。たと

え失敗し 遠周りしたとしても自分で決め

て行動する。その過程に気づきがあり そ

こに成長があるのです。

 

 反省を込めて お話しをすれば 親はす

ぐに答えを言わない事です。

 

 

 小さな子であれば 最初はころは教えな

ければ ならない事もあるでしょう。しか

し ある程度教えた後であれば「こういう

時は どうするんだっけ?」と子供自身に

思い出させる質問をしたり「あなたなら

わかるよ」と ちょっと突き放してみたり

する事が大切です。

 

 いつまでも 「間違えないように……

とか 「失敗しないように……」と先に手

を回していると 失敗から学ぶチャンスを

親が子供から奪い取ってしまいます。

 

 幼い頃から小さな失敗を繰り返す事で私達

は それを成長の糧にする事ができるように

なります。「こうしたからダメだったのか?

じゃあ こうしてみよう」というように 

じ間違いを繰り返さない方法を考えたり創意

工夫を してみたり。失敗への耐性もついて

いきますから 挫折を味わう事があっても

そこから復活する事もできます。失敗しない

人生などありませんから このような失敗か

ら学ぶ事は非常に大切です。

 

 もしも全く失敗を経験せずに育ってしまう

と何かちょっとした失敗をしただけで必要以

上に落ち込んだり 立ち直れなくなってしま

います。失敗の経験は 成功の経験と同じく

らい大切な事です。

 

 「自分で学ぶ子」の育て方 七田式

           七田 厚 著

           小学館 出版

 

34 「非認知能力」の育て方

 子供の「なぜ?」は考える力を引き出す

            絶好のチャンス

 

 では 家庭での声かけや対話は どのよ

うに行えは良いのでしょうか?

 

 年齢的な段階を追って 紹介していきま

す。

 

 3歳までの小さな子供の場合は 考える

力 が足りないのではなく 言葉を知らな

いために話せないという事もあります。そ

のため この時期には 親が子供を質問攻

めにして困らせるよりも 保護者が丁寧に

教えてあげるほうが良いでしょう。

 

 

 「これは車です」「赤い色をしているね

」「タイヤは何個ついているかな? 1、

2,3,4 全部で4つですね」「タイヤ

は、丸いね」という具合に 子供に丁寧に

話をしていきます。それによって 子供は

自信を失う事なく 知っている単語の数を

増やしていくのです。それを繰り返す事で

語彙が増え言葉の能力が発達していきます

 

 さらに大きくなると子供はたくさんの質

問を繰り出すようになる時期があります。

「どうして お空は青いの?」「犬はどう

して ワンワンっていうの?」……森羅万

象の難問から身近な疑問まで「どうして?

」を繰り返すのが幼児期の特徴です。

 

 あまりに質問されると うんざりしてし

まう親御さんもいるかもしれませんが こ

素晴らしい好奇心の芽生えを見過ごして

はいけません。これは 子供の考える力を

引き出す絶好のチャンスなのです。ここで

大切な事は 子供の問いにすぐに答えをだ

したり 無視するのはなく 「どうしてだ

と思う?」と親が問い返す事で子供に考え

る癖をつけさせましょう。

 

 もし子供の回答が間違っていたとしても

すぐに否定するのではなく その子が自分

で考えた事を認め なぜ そう思ったかな

どを詳しく聞いてみましょう。

 

 これによって 子供には考える力や発想

する力がついていきます。

 

 

 「非認知能力」の育て方

     ボーク重子 著

      小学館 出版

 

 

29 「自分で学ぶ子」の育て方

 

 習慣化する事で 自発的に動く子になる 

 

 生活が安定してきたら 例えば おやつ

の後 夕飯の後などに 習慣してほしい事

柄を入れていきます。プリントは子供の好

きなもので良いでしょう。迷路でも天つな

ぎでも 簡単なドリルでも良いですね。

 大切なのは その時間 机やテーブルに

向かうという習慣です。それが後に勉強す

る時間へとつながっていくのです。

 

 机やテーブルに向かう事が習慣になった

子供は それをしないとなんだかそわそわ

してしまうといいます。そのため 誰に言

われなくても 自然と勉強を始めるように

なるのです。

 

 

 京大生や東大生はよく 「親に勉強しな

さいと言われた事が無い」といいます。

そんな話を聞くと「たまたま勉強好きな子

供だったでしょう」と思うかもしれません

が そうではないのです。その子達の親御

さんは きっと小さい頃に「机に向かう」

を子供の習慣にしてしまったのです。その

ため「勉強しなさい」と言う必要が なか

ったのですね。

 

 勉強だけで ピアノの練習やバットの素

振りなど 習慣にしてほしい事がある場合

には 同じ方法が使えます。そのためには

まず、規則正しい生活のリズムをしっかり

確率する事が大切です。

 

 

「自分で学ぶ」子の育て方

      七田 厚 著

      幻冬舎 出版

 

 

 

32 「賢い子」は図鑑で育てる 究極の子育て

 1歳〜 言葉に興味を持たせる

 

 言葉を発する時期に関して 個人差が

ありますが それは けっして言葉の

理解度に比例するわけではありません。

 語彙力と発語は 別の能力なのです。

 

 一般的には 意味を持った言葉を始め

て発するのは1歳前後です。この時期は

話すことは楽しい事 意義のある事だと

さえ知れば良いのです。それを実感する

だけで国語力がグングン伸びる時期です

 

 けっして外国語を発したとか 難しい

単語を使う事が重要では ありません。

新しい言葉を吸収したという事をほめて

あげて下さい。

 

 

 また 良く聞く話なのですが こん時

期の子供が本を一冊丸暗記してしまう事

が あるそうです。

 言葉の意味を理解しないまま 例えば

30ページぐらいの大人向け詩集を暗記

してしまう子供がいます。それは、この

時期の子供が 記憶力や機械的記憶の

能力がとても高いからなのです。

 

機械的記憶とは ただ繰り返して聞く

事で音を覚えてしまう亊

 

 私たち大人は 何かを記憶するために

意味を考えて論理的に記憶しますよね。

しかし子供は特に3歳ぐらいまでの子供

は超機械的にそのまま音を覚えてしまう

のです。おそらく意味はほとんど理解し

ていません。

 

 ただ ここで重要なのは 言葉はどう

&エラーを繰り返しながら覚えていくと

いう事です。

 その無意識の繰り返しから 子供は言

葉の概念を理解します。そのため丸暗記

だとしても 頭の中に語彙がたくさん入

っていた方が国語力に生きてきます

 

 私が息子の成長過程で驚いたのは 話

はじめたばかりで 言葉の意味は まだ

良く理解していないのに 似た意味の形

容詞なら 形容詞、 名詞なら名詞と間

違える事です。

 

 例えば「短い」を「小さい」と言った

り、「空」を「海」と言い間違えたりし

ます。

 それはつまり 意味がわかっていない

小さなうちから 無意味に言葉の概念を

理解しているからです。

 

 読み聞かせの利点は、言葉の概念を無

意識のうちに頭に入れてあげられる事で

す。そうすれば 言葉に興味をもちはじ

めた時に それがどんな意味か どう使

えは良いのかわかりやすいし 興味を広

げやすいはずです。だからといって け

っして絵本や本をきちんと読み聞かせよ

うと必死には ならないでください。

難しい単語や 外国語にこだわる必要も

ありません。

 

 重要なのは 言葉に興味を持たせる事

です。 それが家族とコミュニケーショ

をとれる楽しいツールだと知れば この

時期の成長は大成功です。

 

 

「賢い子」は図鑑で育てる

      龍 靖之 著

      講談社 出版

31 『賢い子』は図鑑で育てる   究極の子育て

★1歳〜 ことばに興味をもたせる

 

 ことばを発する時期に関しては個人差があ

りますが それはけっしてことばの理解度に

比例するわけではありません。語彙力と発語

は 別の能力なのです。

 

一般的には 意味をもったことばをはじめて

発するのは1歳前後です。この時期は 話す

ことは楽しいこと 意義のあることだとさえ

知れればよいのです。それを実感するだけで

国語力がぐんぐんと伸びる時期です。

 けっして外国語を発したとか 難しい単語

を使ったことが重要ではありません。新しい

ことばを吸収したということをほめてあげま

しょう。

 

 また よく聞く話なのですが この時期の

子どもが本を1冊丸暗記してしまうことがあ

るそうです。

 ことばの意味を理解しないままに たとえ

ば30ページぐらいの大人向け詩集を暗唱し

てしまう子どもがいます。それば この時期

の子どもが記憶力 機械的記憶の能力がとて

も高いからなのです。

 

 機械的記憶というのは ただ繰り返して聞

くことで音を覚えてしまうことです。

 

 私たち大人は なにかを記憶するために意

味を考えて論理的に記憶しますよね。しかし

子どもというのは 特に3歳くらいまでの子

どもは超機械的にそのまま音を覚えてしまう

のです。おそらく意味はほとんど理解してい

ません。

 

 ただ ここで重要なのは ことばはどうい

うふうに使うのが正しいのか トライ&エラ

ーを繰り返しながら覚えていくということで

す。

 その無意識の繰り返しから ことばの概念

を理解します。そのため 丸暗記だとしても

頭の中に語彙がたくさん入っていたほうがゆ

くゆくの国語力に生きてくるのです。

 私が息子の成長過程で驚いたのは 話しは

じめたばかりで ことばの意味はまだあまり

よく理解していなそうなのに 似た意味の形

容詞なら形容詞 名詞なら名詞と間違えるこ

とです。

 たとえば 「みじかい」を「ちいさい」と

言ったり 「そら」を「うみ」と言い間違え

たりします。

 それはつまり 意味がわかっていない小さ

なうちから 無意識に言葉の概念を理解して

いるからです。

 

 読み聞かせの利点のひとつは そういった

ことばの概念を無意識のうちに頭に入れてあ

げられることです。そうすれば ことばに興

味をもちはじめたときに それがどんな意味

が どう使えばいいのかわかりやすいし 興

味をひろげやすいはずです。

 だからといって けっして絵本や本をきち

んと読み聞かせようと必死にはならないでく

ださい。難しい単語や 外国語にこだわる必

要もありません。

 

 重要なのは ことばに興味をもたせること

です。

 それが家族とコミュニケーションをとれる

楽しいツールだと知れれば この時期の成長

は大成功です。

 

「賢い子」は図鑑で育てる

      龍 靖之 著

      講談社 出版

33 非認知能力の育て方

言葉にフォーカスした教育

 

 リバー・スクールでは 生徒一人ひとりに

個別の机は置いていません。大きなテーブル

を囲んでクラス全員で座り お互いに顔を見

て話し合いながら授業を進めます。そこで行

われるのは 「言葉にフォーカスした教育」

です。

 たとえば1歳児のクラス

では「いもむし」 2歳児では「乗り物」3

歳児では「熱帯雨林」などテーマを決めてそ

れに関する本を読んだり 話をしながら遊び

ます。

 紙で葉っぱや木や食べ物をつくり 絵本の

『はらぺこあおむし』と同じ世界観を教室の

中に完成させて いもむしが食べ物を食べる

様子を体験してみることもあります。こんな

ふうに遊びながら同じ単語を何度も繰り返し

聞くことで 語彙を増やしていくのです。

 私がこのリバー・スクールを見学したとき

とても驚いたことがあります。2歳児のクラ

スで 「stethoscope」(聴診器)や「cons

ervationist」(自然保護主義者)という言葉

を聞いたのです。こんな難しい言葉は大人で

も知っているとは限りません!

 また リバー・スクールでは 子どもだけ

でなく 親向けのレッスンも行っています。

「親と子の相互セラピー」では 親が子ども

に命令形やネガティブなことを言わないよう

に 話し方を訓練します。どんなふうに子ど

もと対話したら こどもの言葉の能力が発達

するのか 親にコミュニケーションの仕方を

教えるのです。子どもの脳の発達を促すため

には 指さしや命令をするのではなく 家庭

でも頻繁に声をかけることが重要だからです

 リバー・スクールでは こうした教育によ

って聴覚障害をもっていて遅いスタートだっ

た子どもも健常者と同じように話せるように

なり 学力も年齢相応どころか 年齢以上の

レベルになることもあります。

 また 最初は英語を話せなかった外国人の

子どもも この学校で1年間学べば ほとん

どの子が流暢に英語を話せるようになるとナ

ンシーさんは話していました。

 

「非認知能力」の育て方

      ボーク重子 著

       小学館 出版

28 「自分で学ぶ子」の育て方

習慣化することで 自発的に動く子になる!

 「三日坊主」とはよくいったものです。新

しいことを始めて3日ぐらいまでは なかな

か気持ちがのらないのですが 4日目 5日

目を乗り越えると それをしないことがだん

だん気持ち悪くなってくるものです。

 私は体調を整えるために(ダイエットも兼

ねて) 時々 ファスティングジュースを飲

むことがあるのですが 辛いのはやはり3日

目までです。4日目以降は 「せっかくここ

まで頑張ったんだから」と 続ける方への意

思のほうが強くなります。4日 5日続くと

習慣化への弾みがつくものなのですね。

 ですから私は皆さんにプリントなどんいつ

いて話をするときには 「頑張ってまず4日

続けてみてください」とお話ししています。

 

 4日頑張ることに加えて 習慣化を助ける

のが「決まったスケジュール」です。

 例えば七田式のプリントをしてるご家庭に

は 「毎日同じスケジュールの中で 決まっ

た時刻に始めて 15分程度で終えてくださ

い」というお願いしています。「夕食の後8

時から15分」というような感じです。

 同じスケジュールの中で同じ時間に始める

ようにすると 子供のほうも「夕食の後はプ

リントをするんだ」という心構えができるよ

うになりますし それをしないとなんだか落

ち着かない気持ちになってくるのです。

 あるご家庭ではママがプリントを忘れると

「また今日はプリントしていないよ」と子供

に指摘される と言っていました。子共は体

で「夕飯の後はプリント」と覚えているので

すね。

 子供の習慣化を大きく助けるのは この決

まったスケジュールです。

 毎日同じ時間に起きて 同じ時間に食べて

同じ時間に寝る。こういった決まった生活の

スタイルがあると 習慣にしたいことをさし

挟みやすくなります。「ご飯を食べたら歯を

磨く」といった当たり前の習慣のように 「

ご飯を食べたらプリントをする」が子供は当

たり前にできるようになります。これは規則

正しい生活スタイルがあってこそのことです

 将来勉強をする習慣をつけたいなら まず

は毎日の生活を決まったスケジュールで行う

ことをおすすめします。

 一番大切なのは早寝早起きです。なかなか

寝てくれないというのであれば まず早起き

からスタートです。その日1日眠くて仕方な

ければ その日の夜は早く寝てくれるはずで

すから。そしてできるだけ 同じスケジュー

ルで日々を過ごしてください。おやつも3時

と決めたら 必ずその時間におやつにします

 子供はだんだんと この時間に起きて こ

の時間に食べて この時間い寝る というス

ケジュールを理解するようになります。これ

は時間の基礎概念の獲得にもつながります。

 

 

「自分で学ぶ子」の育て方

        七田 厚 著

        幻冬舎 出版

30 『賢い子』は図鑑で育てる   究極の子育て

 0歳〜 知識より愛着形成。

     読み聞かせからはじめよう 2

 

 

 1歳までにたくさん触れられ 話しかけら

れた子は たくさんの愛情を感じて 愛さ

れているという満足感を得られます。

 そんな「愛情形成」を礎とし この世界

に周囲の人との絆が生まれることで 脳が

健やかに発達していくのです。

 

 そうして子どもは安心して 外の世界に

興味をもって 羽ばたいていくことができ

るのです。のびのびっと好奇心が育ち 賢

い子に育っていくでしょう。

 

 周囲との信頼関係がいつか 親元から自

立しなければいけないときの自己肯定感の

基礎となります。

 

 愛情以上にこの時期の子どもに伝えるべ

きことはありません。

 五感をめいっぱい刺激して 愛情を伝え

てあげましょう。

 聴覚を刺激してあげるには お腹の中でも

聞いていた身近な人の声で「○○ちゃん ど

うしてないているの?」「おなかすいたね」

「きょうはあったかいね」などとはなしかけ

ることです。

 けっして返事をしなくても 赤ちゃんは話

し手の声のトーンや速さでことばの意味を理

解しはじめています。

 

 そして お腹の中ではじまった聴覚の発達

は しだいに母国語を聞き分ける感覚野の発

達につながっていきます。母国語の習得がは

じまるのは 生後半年くらいからです。だか

ら ことばの吸収がどんどんはじまる時期に

たくさんの声がけをしてあげると ことばに

よるコミュニケーション能力が育つでしょう

 

 その際にもう 図鑑の出番なのです!

 生後半年ごろから 日常的な声がけとは別

に 図鑑でも絵本でもよいですから「読み聞

かせ」をはじめるのがおすすめです。ご家族

の生の声で たくさんの語彙を赤ちゃんの脳

にインプットしてあげましょう。

 ただ抱っこし続けるだけなく 赤ちゃんの

せ成長に合わせて 一緒に並んで座ったりう

つぶせで本を覗き込んだりして 一緒に図鑑

や絵本をぱらぱらとめくってみましょう。

 

 それが この時期の赤ちゃんにとってかけ

がえのない愛着形成の時間になるはずです。

 

「賢い子」は図鑑で育てる

      龍 靖之 著

      講談社 出版

27 「自分で学ぶ子」の育て方

 私の父も母もお手伝いをさせるのが上手で

した。

 例えば私が父からお皿洗いを頼まれ 自分

ではちゃんと洗ったつもりでも お皿の裏に

洗い残しがあるときもあったらしいのですが

 そんなときでも 父は「洗ってくれてあり

がとう」と嬉しそうに言ってくれました。そ

して別の日に 「お皿はこんなふうに洗うと

きれいになるんだよ」ということをさりげな

く教えてくれたのです。お手伝いをした子供

に「せっかく手伝ってあげたのに……」とい

う気持ちを起こさせないようにしてくれてい

たのですね。

 母に至っては いつも私に同じことを言っ

ていました。気づいた頃には 母に「厚さん

(著者)は洗濯物をたたむのと掃除機をかける

のが一番うまい!」と言っていました。手伝

いをするたびにそういわれるので 「ああ、

ぼくって洗濯物をたたむのと掃除機っをかけ

るのが 本当にうまいんだなぁ」とちょっと

得意に思っていました。「センスがあるんだ

な」と。自分が子育てするようになって初め

て 「あれは母の作戦だったのでは!?」と

気がついたのです。本当に今更 という感じ

ですが。

 お子さんが小さい頃はちょっと大変ですが

お手伝いはぜひさせてあげてください。そう

することで 長い目でみればママも楽になり

ますし 子供の自己肯定感もぐんぐん高まり

ます。

 

「自分で学ぶ子」の育て方

        七田 厚 著

        幻冬舎 出版

32  非認知能力のすすめ  心の強い幸せな子になる0〜10歳の家庭教育

健常者と聴覚障碍者がともに学ぶリバー・

スクール

 

 こうした対話の重要性を実感し 実際の

教育に生かしている教育者がいます。

 ナンシー・メロンさんは 2000年に

アメリカで初めて聴覚障害を持つ子どもと

健常者を一緒に学ばせる学校をワシントン

DCにつくった女性です。

 ナンシーさんの3人子のうち 一人の男

の子は生まれつき耳が聞こえませんでした

。その子は2歳で人工内耳手術を受けまし

たが 前述の話のように人工内耳をつけた

からといってすんなり話せるようになるわ

けではありません。人工内耳の手術後も生

涯にわたってコミュニケーション能力が低

く 年齢相応の学力に達しない人も多いの

です。

 一般的に 聴覚障害を持つ子どもの保護

者や教師は 相手はどうせ聞こえないのだ

からと話しかけるのをやめ 指で示すよう

になるといいますが 彼女が息子を入学さ

せた聴覚障害の子どもを育てる学校っもそ

うだったようです。

 でも 相手が耳の聞こえない子どもだか

といって一切話しかけなければ その子は

一生 言葉のない世界で暮らすことになり

ます。

 そこで 彼女は息子を健常者の学校に通

わせることにしました。同時にスピーチセ

ラピストも雇い 息子に繰り返し話しかけ

てもらいました。自分たち夫婦でも 息子

に対してさまざまなアプローチを試してみ

たそうです。

 耳が聞こえずに言葉を遅れて学びはじめ

た子どもは 健常者の子どもが1回の話で

理解するところを 60回も聞かなければ

理解できないといいます。しかし 丁寧に

繰り返しているうちに 少しずつ理解でき

るようになっていきます。

 ナンシーさんは この「言葉を繰り返す

ことの重要性」に興味を持ったそうです。

 その結果 息子さんは手術から3年後年

齢相応に話せるようになったのです。

 こうした経験からナンシーさんは 子ど

もの言葉の発達は大人との対話によるもの

が大きいと実感するようになりました。大

人が十分んい子どもに話かけなければ言葉

の発達が遅れるだけでなく その後の学力

も伸び悩むことになるかもしれないのです

。そしてそうした教育は聴覚障害のある子

どもだけではなく健常者にも役立つと思っ

たそうです。

 そこで彼女は健常者と聴覚障害のの子ど

もが一緒に学べる学校をつくることにした

のです。それが 全米初の健常者と聴覚障

害がともに学ぶリバー・スクールでした。

 

 

「非認知能力」の育て方

      ボーク重子 著

       小学館 出版